2012/07/31

観劇日記

先週、GACKTさんの舞台を観に行って参りました。


moblog_b2e6420a.jpg


モノづくりへのこだわりが随所に感じられる舞台。
主演のGACKTさん、いつもとは少しイメージの違う役でしたが、
凄さと素敵さはバシバシ伝わってきました。


そして、なんといっても目を奪われたのは早乙女太一さん。
以前何度か舞台を観に行ったことがあるのですが、
その時はまだ「太一くん」と呼びたくなるような少年だったのに、
今はすっかり大人の色気を纏っておりました・・・(だから「太一さん」。)
その人が出てくると空気がガラリと変わり、目で追わずにはいられなくなる。
美しすぎて、怖いくらいの存在感でした。


一口に「舞台」といっても、本当に様々で面白い。



最近、お久しぶり、や、初めまして、といった
「人」に会う機会が増えております。
後はやりたかったこと、乗り遅れて後悔していたことが
なんだかリベンジできそうな気配。
対処しきれなかったり身が持たなくなることを考えると
動けなくなりそうなので、とりあえず大丈夫なうちは
流れに乗って行ってみよう~


ビタミンE・Cの複合剤を取るようにしたら元気が戻ってきました。
夏はやっぱりビタミンなのね。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。