2010/11/30

身体と地球の健康について

moblog_9a1fa299.jpg

ずっと欲しかったプジョーのソルト&ペッパーミルを頂き
お気に入りのピンクソルトとブラックペッパーを入れ
料理&食事タイムを満喫しております


さて、話は変わりますが
「Meat Free Monday(肉を食べない月曜日)」
というキャンペーンがあることを、今朝のTVで初めて知りました。


調べてみると
菜食主義者で知られている、元ビートルズのメンバー
ポール・マッカートニー氏が、昨年から地球温暖化を防ぐために
「ミートフリー・マンデー」(Meat Free Monday、肉抜き月曜日)という
キャンペーンを始めたそうで。


具体的には、
畜産業・・・家畜を飼育・消費すること自体が
地球温暖化緩和への大きな脅威となっていて、温室効果ガス排出源のうち
家畜の占める割合は約18%だという(車や飛行機は約13%)。
また、家畜生産のために膨大な量の水が使用され、
これも環境破壊に大きく影響しているそう。


要するに肉は生産過程において
二酸化炭素を大量に排出するため、その消費を減らすことは
個人ができる地球の環境問題緩和対策のひとつである、ということのようで、
人々にベジタリアンになることを強制しているわけではないそうです。


私自身は最近特に牛肉・鶏肉が苦手で
手っ取り早くパワーをつけたいとき以外あまりお肉は食べません。
それでも野菜や大豆製品、果物類を摂取していれば充分
栄養は摂れるし、かえって身体の調子も良いので
身体にいいこと=環境にもいいこと
なのだなぁと実感。


今日もたまたま「Meat Free Tuesday」でした。


1週間に1回肉類を食べないというのは
意外と簡単なことに思えますが・・・
いかがですか??


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。