ナレーター・声優をしております、井上富美子のブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はんなりラヂオ、ご来場ありがとうございました
千秋楽を迎え、1週間経ちましたが、
まだ稽古に行きたい気持ちがおさまらないという不思議な現象が起きております。


今回初参加となったはんなりラヂオ。
同期がでていることもあり、初演時から観に行っていたのですが、
いつか参加したいなーという気持ちがありまして。
声をかけて頂いたときは即決でお返事。


また、毎年拝見していたWAKUさんの公演。
今回TARAKOさん演出のもとでお芝居できたことは至福でした。


そして、憧れの赤坂RED/THEATER・・・。


はんなりラヂオメンバーの気遣いは本当にパーフェクトで、
役者は安心して自分たちの芝居に専念することができました。
そして、「押入れのちよ」班のすばらしいメンバー達と、稽古や第二の稽古場を通して
かけがえのない時間を過ごすことができ、沢山の刺激を頂きました。


ストイックに役と向き合うメンバー達を観て
自分の殻を決めないで、どんどん殻を破って
新しい自分を生み出していくことの大切さを学んだ今回。


まだまだ課題はたくさんありますが、
1つ1つでいいからできないことをできるようにしていきたい。
そしてわたしはやっぱり舞台が好きみたい。
板の上にいるときだけ、自意識から自由になる自分に気付いた。


はんなりラヂオにご来場頂いた皆様、
はんなりラヂオメンバー、スタッフの皆様
ちよ班の皆様、オリオン班、虹班の皆様・・・
来られなかったけれど、激励のメールをくれた仲間たち。
多くの皆様に、感謝の気持ちを込めて。


ありがとうございました。



moblog_a7aa5aca.jpg




スポンサーサイト

舞台情報  『はんなり☆夏語り~天~』
このたび、『はんなりラヂオ』さんに参加させて頂くことになりました♪


以下詳細です。




『はんなりラヂオ』
プロデュースその4
『はんなり☆夏語り~天~』

はんなりラヂオとは、青二プロダクションに所属する、関西出身の女優で結成した、語りのユニットです。

はんなりラヂオHP
(チケット予約フォームへ)
http://hannnariradio.com
モバイル版
http://x15.peps.jp/hannariradio/

6/14(土)18時
15(日)12時/16時
16(月)15時/19時
(※1時間45分予定)

赤坂RED/THEATER
http://hannnariradio.com/?page_id=190


全席指定 \3800


◆お問い合わせ◆
イマジネイション
(平日11時~19時。土日祝休み)
0363250302

◆演目◆
「オリヲン座からの招待状」(集英社文庫『鉄道員』所収)
原作・浅田次郎
脚本・永井一郎
脚色協力・秋之桜子
演出・永井寛孝(テアトル・エコー)

「押入れのちよ」(新潮社文庫『押入れのちよ』所収)
原作・荻原浩
脚色/演出・TARAKO

「虹の空」(新潮社文庫『霜の朝』所収)
原作・藤沢周平
脚色/演出・阪脩

◆CAST◆

桂憲一(花組芝居)
小林大介(花組芝居)
幸野善之

田中英樹(テアトル・エコー)
滝寛式(劇団はえぎわ)
知野三加子(劇団S.W.A.T!)

疋田由香里
井上富美子
荒嶽恵(トルバドール音楽事務所)
小寺貴子

嶋倉雷象(花組芝居)※友情出演
太田真一郎※声の出演

阪 脩

柳沢三千代
新 千恵子
竹田佳央里
陰山真寿美


ご来場のお客様に神戸のチョコレートを↓プレゼント(*''*)
協賛/モンロワール

協力/青二プロダクション
企画・製作/ はんなりラヂオ





一度参加したかったはんなりさん。
一度ご一緒したかった演出TARAKOさん。
一度立ってみたかったレッドシアター。

一気にみっつも夢が叶っちゃいます。
一つのものを皆で作り上げていく、というのが、本当に楽しくてしあわせ。


よろしくお願い致します。




凄いものみた。
キャラメルなみきちゃんから、
「後輩が出てるよ~」とお知らせ頂いた舞台。


初めての生・1人芝居観劇。
行ってきましたが凄かった!


何が凄いって、
いろいろあるのですが


役者としては、2時間1人で喋りっぱなしで良く間がもつなぁとか
よくあんな膨大な台詞が入るなぁとか


お芝居に関しては、
始まったときから終わりまで、
そこには1人のヴァホフという男性がいた。


彼の苦しみや狂気や愛がビシバシつたわって、
本当に辛くて苦しい独白だったけれど、不思議と長さは感じなかった。


ただ、極限状態を生き抜いたそのヴァホフという存在が
淡々と、時に感情的に我々傍聴席(お客さん)に
自分の体験した60日間を話す様を観て、
「なぜ、この人(←役ね)は平気で話せるのか」と
そのことが怖くなり・・・


役者さん自身の普段はふわりとしたその風貌が
最後には誰かが乗り移っているかのようで、
ゾッとする不気味ささえ感じました。


観劇後は、あまりの凄さに放心状態・・・。
素のご本人に会えてご挨拶できたのがせめてもの救い。


今年の観劇初めは、
2014年のベスト3には入りそう。


内容は重かったけれど、
いろんな意味ですごい衝撃。心臓鷲掴みにされました。


いいもの観た。
凄いもの観た。


あんな芝居に憧れる。
あんな芝居を、観られて良かった。


気になる方は是非。


多田直人案第3回発表会 独り芝居「審判 -JUDGEMENT-」





クリスマス
街が浮かれ、日本て平和だなぁ~と感じる中・・・
美喜子嬢の舞台を観てきました。


moblog_c8e86db4.jpg


ギリギリでチケット取って頂きましたが
行ってよかった


年内の観劇納めにふさわしく、
温かい気持ちになって、毒出しの涙を流すことが出来ました。


自分の夢を叶えることだけが幸せじゃない。
誰かのために生きることが幸せなこともある。
家族っていいなぁ。


寒さで冷えた心が溶ける作品でした。


年の瀬に、同じテーマを感じることが増えている今日この頃。


仕事納めはもう少し先みたい。


あと数日、大事に行きましょう。


メリークリスマス





観劇日記
キャラメルボックスの
「雨と夢のあとに」観てきました。





2005年の初演から、7年ぶりの再演。


7年前も良かったけれど、岡内みきちゃんが、
同じ役でさらに輝いていました
新しいキャストの皆様も素晴らしかった!


純粋な涙を流せます。
観てない方には、是非見て欲しい舞台。


明日までサンシャイン劇場で。



あとはもう1本、役者仲間の舞台も観てきましたよ。
いつもの彼女のイメージとは180度違って、ものすごく新鮮でした。


自分の知らないタイプの舞台が、まだまだ世界にはたくさんある。


いろいろ観たり、聴いたり、感じたり。
全ては経験。
全ての経験を、楽しみたいなぁ。




Copyright © まだ ふみもみず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。